ブルセラがなくならない理由

使用済み下着は、その人にとっては不要な物です。
その為、外から全く見えない状態にしてゴミとして捨てている人も少なくありません。
またハサミで細かく切ってから捨てると言う人もいます。
中にはレースやリボンの部分をはさみで切り取って再利用したり、手頃なサイズに切って掃除に使っている人もいますが、やはり多くの人が行うのはそのままゴミとして捨てると言う方法です。
しかし、今までは捨てていた物でも、活用法があります。
それが売ると言う事です。
現在、世の中にあふれている物の中で売買されていないと言う物はあまりありません。
自分にとっては不要だと思っている使用済み下着でも、それを欲しいと思う人はいます。
そういう人に買い取ってもらうと言うサービスを現在利用している人も珍しくありません。
また今は実際に店舗に行って売るだけでなく、インターネットを利用して売買する事もできます。
画像を一緒に載せてどういう商品かを掲載すれば、その購入希望者から連絡が来ると言う仕組みです。
後は料金を払ってもらい商品を送れば売買契約は完了です。
ただ自分で使用済み下着の売買を行うとなると、手続きの点や何より連絡先を購入者に知られてしまうというデメリットがあります。
そのため、現在多くの人が利用しているのが直接的な売買ではなく、専門店を利用するスタイルです。
販売したい側は専門店に出品します。
専門店のサイトにはその商品が掲載され、それを見て欲しいと思った人が購入します。
購入者との直接契約ではなく、間に専門店が入っているので安全性に関しての心配はありません。
既に売買に関する手順はサイトで決められているので、自分で色々調べる必要もなくとても手軽です。
ただこうして専門店を利用する時は、それぞれのサイトのルールがあります。
最低限のルールを守らずにいると、時には強制退会となってしまう事があるので注意が必要です。
また下着以外にも靴や衣服などを販売する事が出来る事も有るので、使用済みと言っても捨てる以外にも活用する方法は存在しています。

メニュー